• 辻 賢太郎

安心・安全・安楽な医療のカタチを追求し、
全ての患者様に優しいクリニックを目指して参ります。

院長ごあいさつ

安心・安全・安楽な医療のカタチを追求し、
全ての患者様に優しいクリニックを目指して参ります。

隣接する大阪赤十字病院をはじめとする基幹病院や近隣病院と医療連携することによって、様々な健康・疾病に対しての予防から、検査・治療を継続的におこなうことができます。

また患者様の立場から考え、様々なニーズに対応できるよう電子カルテや24時間予約システムなどを導入し、円滑にかつ充実した医療サービスをご提供させていただきます。

大阪赤十字病院在任中に修得しました技術と豊富な知識、最新の医療機器を用いることによって検査や治療に伴う様々な苦痛から開放されるよう、そして健康の回復と維持ができるようヘルスサポートさせていただきたいと思っております。

院長 辻 賢太郎 −KENTARO TSUJI−

略歴

1993年
関西医科大学卒業
1993年
大阪赤十字病院内科、消化器科勤務
2007年
辻賢太郎クリニック開設

資格

  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本消化器病学会専門医

医師 有住 忠晃 −TADAAKI ARIZUMI−

略歴

2007年3月
近畿大学医学部卒業
2007年4月
近畿大学医学部付属病院初期研修
2009年4月
近畿大学医学部消化器内科
2018年1月
医療法人太雅会 辻賢太郎クリニック

コメント

消化器内科が専門ですが、風邪や腸炎等の一般内科にも対応させていただきます。
お気軽にご相談ください。

院長より有住医師のご紹介

近畿大学医学部をご卒業後、近畿大学医学部消化器内科に所属され、近畿大学医学部大学院にて肝臓病の研究に尽力されました。大学院卒業後は近畿大学医学部付属病院で肝臓病の研究、臨床能力、内視鏡技術をさらに高められ、平成30年1月に辻賢太郎クリニック常勤医として赴任されました。
国内外で数多くの学術発表や英文論文を発表されておられる非常に優秀なドクターです。
また肝臓病のみならず消化器内科全般に精通されておられ、内視鏡検査にも積極的に従事され卓越した内視鏡技術を習得しておられます。
はにかむ笑顔が素敵な大変に謙虚でお優しい物腰柔らかなお人柄で多くの患者様をはじめ、従事するスタッフからの信頼も厚いドクターです。

医師 那須 章洋 −AKIHIRO NASU−

略歴

2000年3月
広島大学医学部医学科卒業
2000年5月
京都大学医学部附属病院 内科研修医
2001年6月
大津赤十字病院 内科
2003年6月
大阪赤十字病院 消化器内科
2007年4月
京都大学大学院医学研究科博士課程
2011年4月
京都大学医学部附属病院 消化器内科医員
2011年10月
大阪赤十字病院 消化器内科
2016年4月
大阪赤十字病院 消化器内科副部長
2018年4月
医療法人太雅会 辻賢太郎クリニック

資格・専門医

  • 医学博士
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本肝臓学会専門医

院長より那須医師のご紹介

広島大学医学部をご卒業後、京都大学医学部消化器内科に所属され、京都大学大学院医学研究科博士課程にて肝臓病の研究に尽力されました。
大学院卒業後、京都大学医学部付属病院・大阪席十病院でも肝臓病の研究や臨床能力をさらに高められ、大阪赤十字病院消化器科副部長を経て平成30年4月辻賢太郎クリニック常勤医師として赴任されました。
総合内科専門医、肝臓専門医として肝臓病のみならず消化器内科全般に精通されておられ、内視鏡検査にも積極的に従事され卓越した内視鏡技術を習得しておられます。
大変長身のドクターで、若いころにはバレーボール部に所属し、スポーツマンとしても知られ、医師として豊富な知識と技量もさることながら立派なお人柄で多くの患者様から大変慕われておられます。気さくで笑顔の素敵なドクターです。

ページ上部へ