院内紹介−clinic−

エントランスホール・受付

検査室

点滴・回復室

医療機器・設備紹介−equipment−

電子カルテ・ファイリングシステム

カルテ内容や内視鏡、各種超音波データ、心電図、血圧、血液検査などの全てのデータをIT環境にて統合、一元管理しています。

内視鏡検査

鼻からの挿入も可能な超細径(5.9mm)を用いた胃カメラ、ポリープや腫瘍の表面を拡大観察可能な大腸カメラで胃、食道、十二指腸、大腸の病気を調べます。
大腸ポリープに対する内視鏡治療は回復室やシャワー室を完備し日帰り治療を可能にしました。

内視鏡治療

腹部超音波

肝臓、胆嚢、腎臓、脾臓、すい臓の腫瘍やのう胞、胆石、胆嚢ポリープ、腹水の有無などを調べます。

頚動脈超音波

動脈硬化の程度を調べます。

心電図

不整脈、心筋梗塞や狭心症などの冠動脈疾患を調べます。

臨床検査(血液検査・尿検査など)

血液検査では全自動血球計数器、CRP測定器で貧血や感染徴候等を数分で測定できます。
その他肝機能・腎機能・膵機能など各種機能検査や疾患別検査(糖尿病、高脂血症、高血圧など)や腫瘍マーカー(肝癌、膵癌、前立腺癌、肺癌、大腸など)、感染症検査(各種ウィルス検査など)を測定します。
尿検査では糖、蛋白、潜血などを測定します。

ページ上部へ